FIREKING(ファイヤーキング)とは

1942年〜1976年までアメリカのオハイオ州にある
アンカーホッキング社によって作り出された耐久性のあるガラスの製品のブランドです。
(1976年以降も数年間製造は続き、バックスタンプにFIREKING表記はなくなるのですが
BOONIESではこれらもFIREKINGとしています)

色や柄のバリエーションがとても豊富でコレクターの心をくすぐり
製造が終わって30年以上たった今でもアメリカでは絶大な人気を誇っています。

近年日本でもFIREKINGに関する本がたくさん出版され
TVやCM等での出演もあり人気度がぐんぐん上昇しています。

コンディションについて

BOONIESではFIREKINGのコンディションを段階別に分けて表記しています。
ただ、製造から何十年も経っているアイテムになりますし、一つ一つが違う表情を持っているのが現状です。
BOONIESでは、お客様にできるだけわかりやすく状態をお伝えできればと思っており
お客様の立場になって、厳重に検品作業は行っております。
但し、状態の判断は、個人様で差があることをご理解頂けますようお願いいたします。

MINT★★★★★(星5コ)
デットストック・未使用。または未使用と判断されるもの。
(ホワイトスポットや練りムラが有っても酷くないもの)

EXCELLENT★★★★(星4コ)
使用感があまりなく、つやなどがまだまだ残っているもの。
未使用ですがホワイトスポットや練りムラなどが少し目立つ場合や、小さなフリーバイト程度の問題が有る物。

VERY GOOD★★★(星3コ)
多少使用感はありますが、使用するに問題ないと判断できるもの。
一般的に『普通』と言われる状態です。

GOOD★★(星2コ)
チップ、プリントロスなどが見られるもの。

★の数はあくまでも参考程度でお考えください。
コンディションの表現に使われる言葉たち

練りムラ
型にガラスを流し込んだ時にできるガラス生地の流れのことです。
それぞれのマグの個性にもなります。

ヘアライン
髪の毛にようにくて白いラインのことです。
どうやら『練りムラ』に沿って出来る事が多いようです。
製造後にできることはありませんが、時間が経つにつれ 劣化ラインの原因になる事もあります

ホワイトスポット

ガラスの中に見られる小さな白い点のことです。
ガラス生地があまりよく練られなかったり、不純物の混入が原因のようです
よくあるものなので気にならない方も多いようですが、たくさんある場合は表記するようにしています。

シルバースポット
ガラスと金属とがこすれて付いた移り込んでしまった銀色の痕のことです。
大きい場合はあまり無いのですが、これは汚れとは違い落とすことは難しいでしょう
DEADSTOCK(新品の状態のもの)でも付いている場合があります。

フリーバイト
リム(飲み口)の外側にある段差のにある針先程度の大きさの穴のようなギザギザのことです。
BOONIESではリムの所にできたヘコみや凹凸のことも言います。
キンバリーマグやスタッキングマグ、Dハンドルマグなどによくあるもので、製造時にできたものを指します。

気泡痕
空気が入り気泡がつぶれた痕のことです。
ガラス製品特有のもので、使用に問題はありません。

ペイントミス
プリントがずれていたり一部の色が薄くなったり、にじんだりしていることで
製造時に出来たと思われるものを言います。
大陸ならではのおおざっぱさ(?!)ですね。

歪み
底がまっすぐでないためにぐらぐらしたり、形が他のと違ったりと歪んでしまっている事がごくまれにあります。
BOONIESのスタッフは「愛着がわく」と言っていますが。笑

BOONIESは製造時にできたものは不良品とは判断致しません。


色落ち・ツヤ落ち

硬いスポンジで何度も洗ったり食器洗浄器(アメリカ人は昔から大好きです!)によるダメージによって
外側や内側の色やツヤが落ちたりしていることを言います。

スクラッチ
「擦りキズ」のことです。
これも硬いスポンジなどで何度も洗ったりしたダメージによるものだと思います。
表面などが「スクラッチ」で色やプリントが落ちている場合があります。
プレートの場合はナイフなどの引っかき傷などを指すこともあります。

ペイントロス
ペイント(プリント)が部分的に剥げ落ちたことを言います。
製造時のプリントミスで欠損している場合は『ペイントミス』になります。
製造後に年月が経ち使っていくうちにペイント(プリント)が剥げたと思われるものを言います。


経年による汚れ
長い年月の中で少しづつ汚れがたまったもので薄く茶色になっています。
BOONIESではできる限りクリーニングをしていますが
こすって落ちるものもあればなかなか落ちないものもあるようです。
これもひとつの歴史です。

クラック
「ヒビ割れ」のことです。
ハンドル部分や ボトム(底の部分)にできている場合が多いようで
す。
使うには注意が必要でしょう。


劣化ライン

「クラック」と似ていますが、ヒビよりも浅いライン状の劣化です。
長い年月のうちに自然にでき、気温の変化や時間の経過と共にガラスが劣化してできたものです。
使う時に突然破損するなどの危険はほとんどありません。
製造段階でできた劣化ラインもあります。


チップ

「欠け」のことです。
リムやボトム(底の部分)、ハンドルなどの角に当たる部分に出来る事が多く
何かにぶつけたり落としたりするとできる傷の事です。


デント

これはホワイトスポットにも見えますが
何かにぶつけた様な痕で
ガラスの中にヒビのようなものが見えますが、触っただけでは何も感じません。


各商品のコンディションはできるだけ細かく詳細や写真で表示していますが
もし何か気になる点などございましたらお問い合わせください。